若白髪 染める|若白髪の原因と対策

若白髪の基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、若白髪の予防や改善・解消などの情報を総合的にご紹介!

若白髪を染める

若白髪の原因と対策20

若白髪を染める方法は色々ありますが、白髪の根本解決のためにも、出来る限り、髪や頭皮を傷めない方法を取り入れたいものです。

校則などのある学生の場合、染めているのがわからないような工夫も必要でしょう。

髪を傷めない白髪用のカラーリングとしては、白髪用 利尻ヘアカラートリートメント、カラードボーテ、ピュアハーバルヘアカラー、白髪染め レフィーネなどの、トリートメントタイプが自宅で簡単に染められてオススメです。

毎日でも使用できるタイプですし、一度でバッチリ染まるというよりは、徐々に染まって行くタイプです。

白髪染めをしていると気付かれにくく、白髪だけが染まるのも良い点でしょう。

髪を脱色しないため、ツンとした嫌な匂いもありませんし、校則にも触れにくいといえます。

若白髪の部分染め

若白髪の原因と対策09

若白髪の中でも、一部分だけに白髪が集中している場合や、生え際が気になる場合は、部分染めにも使用できる、トリートメントタイプの白髪染めがオススメです。

無添加の植物色素で染めるタイプは、色のある髪はほとんど染まらずに、白髪のみが染まります。

トリートメントタイプは、自宅でできて簡単なものが多く、シャンプーのついでに部分染めすることで、毎日少しずつ染まって行くので染めていることに気付かれにくいです。

天然の植物色素で染めるトリートメントタイプは、髪や頭皮に優しいですし、髪の健康のために美容成分が配合されているものも多くあります。

頭皮を傷めると、若白髪を悪化させてしまうことがありますから、出来る限り髪と頭皮に優しい、添加物無しの白髪染めを使用しましょう。

マスカラタイプの白髪染め

若白髪の原因と対策16

一カ所に集中した若白髪の場合、その一カ所だけをしっかり染めれば、若白髪はすっかり目立たなくなります。

その上で、若白髪が少し伸びてきた際には、マスカラタイプの白髪染めを使えば、若白髪が集中している場所の生え際を染めるだけで簡単です。

白髪染めの黒耀シリーズには、白髪染めシャンプーや、整髪剤の他、ポイントケアのマスカラタイプの白髪染めがありますので、併用するのも良いでしょう。

生え際だけが気にかかる若白髪の人にも、マスカラタイプの白髪染めはオススメです。

簡単に持ち歩くことができるので、出先ででも、気になる白髪を見つけたら、さっと一塗りでOKです。

いつでもどこでもブラシで塗るだけの手軽さが、口コミでも評判が良いようです。


若白髪の原因と対策TOPへ

若白髪の基礎知識

若白髪解消の方法

若白髪の治療

当サイトについて